ライティングの意味を徹底解明。 実は身につけておくとトクしかないスキル!?

こんにちは。
T-UPライターの赤澤です。

わたくしは現在ライターとして、企業のブログライティングを担当したり、こうやって自分のブログを書いたりなど、ライティングに没頭しています。ライティングってすごく奥が深く、かなり面白いです。

あなたはライティングというものをどう捉えていますか?難しそうですか?面白そうですか?言葉は最近結構聴きますよね。そもそもこう感じている方もいるのではないでしょうか?

「ライティングって言葉は聴くけど、結局のところどういう意味?」

そもそも「ライティング」の意味が分かってない方もたくさんいらっしゃるでしょう。今回はそんなライティングの「そもそもどういう意味?」という疑問の解決や、なぜ今ライティングという言葉を聴くようになったかの解説をしていきます。そして今回はさらに、ライティングはどういったときに生かせるのかということも綴っていこうと思います。

ライティングってどういう意味なの?

早速「ライティング」をWEBで調べてみました。

「ライティング」(writing)→書くこと

はい。めちゃくちゃ単純です。(笑)皆さんご存じの通り「書くこと」ですね。最近はWEBの関連でライティングという言葉を聴くようになりましたが、そういったコンピューターなど媒体を問わず、「文字で書かれたもの」を指します。

自分の伝えたいことや、表現したいことを文字で書くということです。身振り手振りを使ってのコミュニケーション、言葉で1対1で話すコミュニケーションなど、様々なコミュニケーション手段がありますが、自分の伝えたいことを文字で書いて、伝えようとするので、ライティングも1つのコミュニケーションですよね。

「へぇ~。文字でコミュニケーションかぁ~。おれはあんまりやったことないなぁ~。」と思ったそこのあなた!!それは大きな勘違いです。友人や家族と日常どうやってコミュニケーションをとっていますか?「LINE」やってますよね?会社に勤めてお仕事されている方はお客様にどんな連絡手段で連絡しますか?「メール」使いますよね?はい、みなさんも余裕で文書でコミュニケーションとってます。つまりライティングというものは、人間の生活にとってとっても身近なものなんです。というか、そう考えると日常って文字でのコミュニケーションの方が多いような気がしませんか?ライティングという言葉を最近多く聴くようになったのはこういったところにあると思います。文字でのコミュニケーション、文字での表現を、世の中のほとんどの方が行っているのです。

しかも今の時代、情報を取得するのはほとんどWEB上だと思います。そういった際に情報を何で取得するかというと、やはり「文字」が多くありませんか?ニュースなど特にそうだと思います。今の時代SNSも当たり前になりましたが、みなさん写真と文章を使いながら自分の表現したいことを伝えています。ライティング=「表現する力」といえるでしょう。

ライティングの意味や、ライティングはあなたの身近にあるということはご理解頂けたでしょうか?次からはライティングがどのようなことに役に立つのか解説していきます。先に一言だけお伝えしておきます。ライティングの力を身に着けておくとトクしかないです。これはマジです。

そもそもそれだけで仕事ができちゃう!?

「ライター」という仕事があるように、ライティングの力をつけておくとそれだけで仕事がができてしまいます。いきなり夢がありまくりますね(笑)

特別な資格も必要なく、パソコン一つあればすぐ取り掛かれますし、場所関係なく仕事ができます。このご時世ですとクラウドソーシングサービスを利用して、案件を請け負うことができるので、在宅ワーク、副業などでも始める方が多いです。

例えばWEBサイト上の文章を書く「WEBライター」を例に出すと、企業のWEBサイトなどに掲載するブログ記事・コラム記事、ネット広告の文章、サイトに掲載する商品の説明文、などなど…
ここに挙げたものはほんの一部です。ライティングの力をつけておくだけでこれだけ仕事の幅が広がります。実際これだけでフリーランスとして生きている方もいらっしゃいますし、会社員として勤めながら副業でやっている方もいらっしゃいます。どんな方でも始められるといっても過言ではないでしょう。

ただ、気を付けて頂きたいのが、「どんな方でも始められる」ことは、「どんな方でも簡単にできる」ということではありません。文章校正の力や、人間心理を考えた文章を作る力などライティングというものは本当に奥が深いです。正直いくら学んでも終わりがないものだと私は思っています。さらに言えば、見ている人それぞれによって、響く言葉や心に刺さるフレーズは違うため、「答え」はないのです。

また、企業などからお仕事を頂いたとなると、当然「責任」が伴います。その企業が世の中に打ち出していくための文章をあなたは任された訳ですからね。商品の説明文などを任されたのであれば、その商品が売れるかどうかは、あなたのライティングの力にかかっているといっても過言ではありません。

さらに、WEBというものは簡単に情報発信ができるというメリットがありますが、その分、情報の正確さにはかなり気を配らなければなりません。間違った情報をもしあなたが流したのであれば、その間違った情報を流した本人として悪評が立つ場合もあるかもしれません。本当にWEBの力と、文章の影響力はとてつもないものがあります。パワーがある分、十分に真偽を把握したうえで情報発信をするべきです。

ぜひ、十分に力をつけて、信憑性のあるライターとして、活躍していきましょう。

普通に日常生活でも役に立つよね。

ここまで読まれた方で、頭のいい方はもうお気づきかもしれません。「これ普通に日常生活でもいかせるやんけ。」はい、その通りです。

前述しましたが、今の世の中は情報をどこで入手するかというと、WEB上の文章やSNSから。連絡手段は、「LINE」や「メール」など。今の私たちの日常は、文字での情報入手、コミュニケーションがすごく増えているのです。

ではそんな文字でのコミュニケーションをとる時代に、もしあなたが、わかりやすい文章を書けて、すごく話が分かりやすい人物であれば?

当然、好まれるでしょう。(笑)

まあこういってしまうとちょっと単純な話かもしれませんが、相手の方からすると当然ありがたいですよね。少なからずあなたの信用、信頼には繋がるのではないでしょうか?

そして、ぜひ「営業」というお仕事をしている方たちには身に付けて頂きたいと私は考えています。必ず役に立ちます。間違いないです。

単に、ビジネスレターが書ける、しっかりした文書のメールが送れるというだけの話ではありません。お客様の心理を考える癖がついたり、お客様目線になって物事を考えられることができるようになります。ライティングというのは、読んでいる方に分かりやすく、自分が表現したいことを文字化するので、ライティングを重ねていると「どうすれば読んでいる方に伝わるだろう?」「どんな言葉が響くだろう?」という思考になってきます。常に相手の目線に立って考えるようになります。この思考は必ず「営業」にとって必要です。

「営業」はお客様の問題や悩みを把握して、その解決のお手伝いをするお仕事です。そのためにはお客様の立場に立ち、お客様に寄り添って、お客様のために動かなければなりません。お客様の心理を把握することはとっても大切です。ライティングはそのための一助と必ずなると私は思います。ぜひ「営業」というお仕事をしている方達はライティングを学んでみてください。

結論→みんなライティング学びましょう。

いかがでしたでしょうか?ライティングの意味を理解し、ライティングがどういったことに生かせるかもご理解頂けたのではないでしょうか?

このご時世、ただの「いい人」では生きていけない時代になってきました。「モノ」「カネ」の時代は終わり、「自分」を売っていける力が重要になる時代です。そのためには、「自分」をより高め、世の中の役に立つ価値ある人物になっておくべきです。

今の時代は「お金持ち」ではなく、「お価値持ち」が生き残っていく時代です。そのために今回題に挙げた「ライティング」始め、提供できる自分の価値を高めておきましょう。もちろん手段は、今回上げた「ライティング」だけではないので、あなたに合った手段を選択し、力を身に着けていきましょう。

もし「ライティングの力を身に着けたい」「将来のために力をつけたい」と、ライティングのことであれば、私が力になれます。
ぜひご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です